読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Who

幼少時代のあなたにとって、ヒーロー(創作物中の)とは誰だっただろうか。ウルトラシリーズ戦隊シリーズ仮面ライダーシリーズか、米国コミックの連中か。これら現在でもフアンが多いものの他にも賃金と休日を貰わねば数えていられない程、様々な特徴を持ったヒーロー達が世には存在している。口から火を吐く奴もあれば、腕から得体の知れない光線などを出しやがって敵を爆破する奴もあるし、恩賜煙草を吸った後に「ヤアーッ!」と叫び割腹自殺する奴もいる。そんな中、僕が当時夢中になったヒーローは、35年の歴史を誇るスーパー戦隊シリーズに名を連ねる五星戦隊ダイレンジャーだ。

そもそもスーパー戦隊シリーズというのは、35年前に放映されたゴレンジャーを始まりとし、数名の男女が色分けされた見るも無残なマスクとスーツで武装したヒーローに変身、悪の組織に属する怪人とチャンバラや銃撃戦を繰り広げる哀愁活劇である。

ダイレンジャーはこのシリーズの十七作目で、1993年の2月から翌年の2月まで放映された。いわば2月革命なのだ。これにより1991年に消滅したはずのソビエト連邦が再結成。する筈もなく、ただ子ども達が喜んだだけである。万国の子供達よ、団結せよ!とここまで書いていて気付いたのだけれど、「五星戦隊ダイレンジャー」なのである。奴ら言われてみれば拳法やら矛やら何もかもが中華で子どもの頃は気付きもしなかったが、中国国旗には五つの星、そして大連という都市が存在する。奴らが中国共産党の回し者で、社会主義の名の下に戦っていたのを俺は楽しんで観ていたのかと思うと腹が立ってきた。腹が立ってきたよねうん。

それに主題歌を任されていた歌手の名前、これには皆さんも腹が立つに違いない。「NEW JACK拓郎」である。もう一度言おう。「NEW JACK拓郎」である。こんな珍妙滑稽な名の歌手が名誉あるスーパー戦隊シリーズの主題歌を我が物とし、いくら儲けたのかは知らないが金を手にしているのだ。許すまじ、NEW JACK拓郎。もうこのNEW JACK拓郎はどうでも良い。いや、どうでも良いわけがなく更にNEW JACK拓郎並びにダイレンジャーに対する怒りが湧いて来た。何もウルトラマンが一番好きだった事を思い出して書き直そうかと思ったけど消すのも勿体無いのでいちゃもんつけて話をすり替えようなんてそんな事は無くてでもやっぱりウルトラマンが一等好みであって腕から得体の知れない光線を出しやがって敵を爆破する奴と最初に言ったけどそれには愛が含まれていてやっぱりこの世界に一番必要なのは愛だよ愛。わたしはウルトラマンを愛しています。

というわけでウルトラマンなのである。ウルトラシリーズスーパー戦隊シリーズよりも十年長い歴史がある。つまり、45年だ。ビートルズ武道館公演を果たした1966年にウルトラシリーズ第一作目、ウルトラマンが始まったのだ。当然リアルタイムで観てあったわけではない。一体どこから入手したのか「ウルトラマン名勝負集」なるビデオが我が家にあって、それを観ていたのだ。とここまで書いていてふと思ったのだけれど、確かにウルトラマンは子供の頃好きだったはずだ。しかしその度合までは覚えていない。もしかすると憧れていたと言う程夢中にはなっていないかもしれん。とすると一体僕にとってのヒーローは誰だったのだろう。思い出せない。どうしても思い出せない。もうこの際NEW JACK拓郎でいいや。僕が子供の頃憧れていたヒーローはNEW JACK拓郎でした。ああ眠たい。